人身事故に巻き込まれた場合の交通事故証明書の取り方

人身事故に巻き込まれた場合の交通事故証明書の取り方

人身事故が発生した場合、人身事故として処理するためにはやるべきことがいくつかあります。1つは事故現場から救急車で病院へ行くこと、もう1つは交通事故証明書を取ることです。交通事故証明書を取らないと、保険金を保険会社に請求できなくなります。

交通事故証明を申請できる人

89fa57246e6281c595b7489ae21bf39e_s
人身事故を起こして交通事故証明を取る場合には、誰でもよいというわけではありません。交通事故証明を申請することができる人というのは、交通事故に巻き込まれた被害者か、交通事故を起こした加害者、もしくは保険会社が取ることになります。基本的には加害者が申請するのですが、最近は被害者が取ることが多くなっています。

なぜなら加害者は特に交通事故証明を取得しても、何も利となることがありません。それに対して被害者の場合には、保険金を受け取る必要があるので、必要不可欠な書類なのです。だからこそ被害者が自分で行う人が多いと言えるでしょう。

交通事故証明の取得ができる申請先

3bf7ab1a025300e5a2b42637dc4d1b92_s
交通事故証明というのは、通常保険会社が取り寄せてくれます。そのため、自分自身で行う必要はありません。ただし、自分で行う場合には、大きく分けて2つの場所で申請することになるのです。

その2箇所というのは、自動車安全運転センターのホームページと郵便局です。いずれも交付手数料が必要になるので、通常は自分で行うことは少ないでしょう。詳しいことは自動車安全運転センターや郵便局で聞いてみましょう。

まとめ

交通事故証明書は、人身事故を起こしたときには重要な書類となります。車やバイクを運転する人は、どのような書類なのか、どのように申請するのか、どのように取り寄せるのかぐらいは覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です