加害者は物損事故にしたいが被害者は人身事故にしたい

加害者は物損事故にしたいが被害者は人身事故にしたい

交通事故が発生した場合、被害者は少しでも多くのお金をもらいたいので、人身事故にしたいという人が多いでしょう。それに対して加害者の場合には、面倒な手続きや行政処分、刑事処分が嫌なので、当然物損事故で済ませたいと考えています。

人身事故として処理したい被害者

d6e2d5264c40c5677719d21f0f6ba252_s
交通事故が発生したら、たいした事故でもないのに人身事故として処理したがる被害者が多いと言えるでしょう。なぜなら賠償金や慰謝料を取ることができるからです。しかも近年は政治家の悪政により、生活が厳しくて仕事が忙しい人が増えているため、イライラしている人が多いでしょう。

また、加害者の対応があまりにも酷いので、人身事故にしたいという人もたくさんいます。しかし、日本人の場合には少しでも穏便に済ませないという人もいますし、加害者がきちんと謝罪したので、物損事故で許してもよいという人もたくさんいます。ただし、明らかに物損事故なのに、人身事故として処理することはできません。

加害者が物損事故にしたい理由

109e8603af8a5c7cd2f90f8b2a03b190_s
交通事故が発生したら、被害者は人身事故として処理したい反面、加害者は物損事故として処理したいと思うのが一般的です。なぜなら人身事故として処理されてしまうと、警察署へ出頭する必要がありますし、刑事処分や行政処分を受けなければいけなくなるからです。

いくら保険に加入しているとはいえ、かなり面倒になるので物損事故にしたい人が多くなっています。ただし、車が大破するような大規模な事故を物損時として処理することはできません。たいした事故でなければ、誠心誠意被害者に対して謝罪することで、物損事故にしてもらえる場合もあるでしょう。

まとめ

人身事故にするか物損事故にするかは、被害者次第だと言えるでしょう。中には弁護士に相談をして、人身事故にしてしまう人もいるので、最も重要なことは交通事故を起こさない、自分自身がきちんと交通ルールを守って運転することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です